東山中学校同窓会準備委員会記録

【5月の世話役会でやること】

6月の会合日を当初の9日から16日に変更する。

【会合スケジュールの変更】

印刷はこちらから

 平成19年4月7日、総勢26名の参加のもと、同窓会準備に向けた世話役会が行われた。はじめに伏原会長から東山中学校の近況について報告がなされた。
 「3月20日に第44回の卒業式が行われた。今年の卒業生は197名で、1期生から44期生までの全卒業生は13,676名になった。また、4月9日には第52回入学式が予定されている。」

その後、5期生の重永副会長から50周年記念同窓会に向けた説明が行われた。
「同窓会名簿の整備・確認をしているが、空白になっている期をどうやって埋めようかと思案している。中でも、9期、10期の卒業生の消息判明に難航している。9期生の中で、地元に勤めている卒業生と伏原会長が会ってきたので、分かっている人たちには案内をしたい。インターネットの「ゆびとま」にアクセスしてもらった人の住所は分かったものもあるので案内を出したい。
 野球部に所属していた卒業生については、名簿をもとにキャプテンだった人に案内をかけていく。6月に案内状の文面を作りたい。したがって、次回の5月12日までには発送総数を把握したい。連絡できる人の人数を確定しなくてはならない。次回はそれぞれの期の名簿を持参してもらいたい。先生方の人数も入れ約4,000名の人に連絡できると思う」